オフシーズンの費用について

賃貸物件のシーズンごとの動き

賃貸物件の利用における重要なポイントの一つが契約のタイミングです。利用者の中にはどのタイミングで借りても同じと考えている人も少なくありませんが、賃貸はオンとオフの2種類のシーズンに別れています。 一般的にオンシーズンと呼ばれるのは9月から3月の6ヶ月間で、進学や転勤など新生活が始まるタイミングに合わせて利用者が増える時期です。それに対して4月から8月のオフシーズンは比較的利用者が少ないという理由から、契約時の敷金礼金はもちろんのこと、引越し業者に掛かる費用も通常よりも安くなります。 そのため、契約のタイミングにこだわりがないのであれば、後述したオフシーズンを狙うことでお得に新生活を始めることができます。

オフシーズンに賃貸契約をするメリット

オフシーズンに賃貸契約をするメリットはいくつかありますが、その最たる物として挙げられるのが費用です。前述したように、オフシーズンは書き入れ時のオンシーズンに比べて大幅に利用者が減るため、どこの業者も空室を埋めるのに苦労します。空室が埋まらなければ利益に繋がらないことから、苦肉の策として敷金や礼金といった初期費用の値段を下げるケースは少なくありません。また、家賃の交渉などもオンシーズンよりスムーズに行きやすいとされています。 これは引越し業者も同様です。オフシーズンは仕事が少なく暇になるため、お客を呼ぶために多忙期よりも値段を下げるのはもちろん、業者によっては通常であれば有料となるエアコンの取り付けなどを無料で行ってくれます。

札幌北区の賃貸マンション探しは、地元の札幌にある不動産屋で実績のあるところに相談しましょう。地元に密着している不動産屋であれば、対応がとても速いです。