オフシーズンに借りるメリット

親身な対応に期待ができる

オフシーズンのお部屋探しの場合は、不動産会社のスタッフが親身になって相談に乗ってくれるメリットがあります。利用者側からすると、いつでも変わらない対応をしてほしいところですが、オンシーズンの場合は利用客が増加しますので、なかなか一人ひとりに密な対応をすることが難しいのです。手厚い対応を望むのならば、スタッフが余裕を持てるオフシーズンの方が有利と言えます。入居者が決まりにくい時期だからこそ、より一層親身になってお部屋探しのお手伝いをしてくれますし、物件の紹介などもきめ細やかに行ってくれます。また、すぐにこの部屋を内覧したいという時にも、即日手配を行ってもらいやすく、タイムリーに物件をチェックすることができるのです。

安く契約ができる可能性が高い

オンシーズンと比べ、有利に契約ができる可能性があるのもメリットでしょう。例えば、敷金や礼金が下げられていることがあります。大家さんとしては空室を作りたくない心理を持っていますので、契約のハードルを下げるべく、敷金などを見直してお客を呼び込もうとする傾向も見られます。また、フリーレントといった、所定の月数の家賃を無料にしているケースもあり、その間は家賃の支払いをせずに住むことができるのです。交渉に関してもオンシーズンと比べて通りやすい傾向があります。空室を作るくらいなら交渉に応じてでも住んでもらった方が、大家さんとしては嬉しいものですので、気になる物件がある場合はダメ元でトライしてみるのも良いかもしれません。