オンシーズンに借りるメリット

物件数が多いので良い物件が見つかりやすい

オンシーズンのメリットは、やはり物件数が多いということです。オンシーズンとは、大学進学や就職などのために賃貸物件を探す人が一年で最も多くなる、1月~3月の時期のことを言います。このオンシーズンは、探す人だけでなく、今まで住んでいた賃貸物件を退去する人が多い時期でもあります。退去が決まるとすぐに次の入居の募集が始まるため、物件数が多くなる時期なのです。物件数が多いと選択肢も増えるため、希望する部屋が見つかりやすくなります。またタイミングが良ければ、非常に条件の良い部屋が見つかることもあるでしょう。この時期の物件探しは早いもの勝ちなので、もし良い物件に巡り会うことができたら、すぐに契約するようにしましょう。

第2のオンシーズンは新築の賃貸物件が豊富

秋は第2のオンシーズンと言われています。それは9月~10月は企業の人事異動による転勤のために、賃貸物件を探す人が多くなるからです。また夏の暑さから一転して過ごしやすくなる10月~11月には、結婚式を挙げる人が増えるため、それに伴いカップルやファミリー向けの賃貸物件を探す人も多くなる時期だからです。実はこの第2のオンシーズンである10月には、一年の中で最も新築物件の数が多くなります。何故かというと、賃貸物件を探す人が一番多い1月~3月に入居してもらうために、その前に物件が完成するように大家さんが計画を立てているからです。もし新築の賃貸物件に住みたいと考えている人は、10月に物件探しをしてみるのがとてもオススメです。